【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

【エチオピア】ゲシャ・ビレッジ農園 シェワ-ジバブ区画 ウォッシュド
ETHIOPIA GESHA VILLAGE SHEWA-JIBABU WASHED

ETHIOPIA GESHA VILLAGE SHEWA-JIBABU WASHED(エチオピア ゲシャ・ビレッジ農園 シェワ-ジバブ区画 ウォッシュド)

ゲイシャ種ならではの華やかで紅茶のようなエレガントな風味と桃やイチゴなど豊かな甘み。

【エリア】エチオピア南西部、ベンチマジ区 (シェワ-ジバブ区画)
【品種】GoriGesha2011
【標高】1,909m〜2,069m
【気温】9℃〜30℃
【プロセス】WASHED(水洗式)
 【収穫期】10月〜1月

【 TASTING NOTE 】Floral,Strawberry,TeaLike,Peach,RoseWine,LivelyAcidity,Slkiy&SmoothMouthFeel,Elegant,SweetLongAfter.

【価格】3490円〜

【終わりなき挑戦】

正真正銘ゼロからのスタートを切ったゲシャビレッジ農園
様々な障壁を乗り越えて、6年目の2017年に は1,200袋を超える生産量(生産2年目)となり、世界各地のバリスタ大会などでもその品質を認められています。

類まれな品質を誇る希少品種Geshaですが、持続的な生産を続ける農家は多くありません。
その理由は、ハイブリッド品種はおろか、伝統品種と比較しても著しく生産量が低いだけでなく、原生種である所以でもあるのですが、チェリーの色づきが様々で、真紅やボルドーだけでなく、ピンクや赤茶など木々によって違いがあり、収穫時のピッカーに高い精度が求められる為でもあります。
また病害虫に対する耐性等も未知 数な部分が大きく、リスクが非常に高い品種とも言えます。

それでもGesha種を作り続ける理由は、誇り高きメアニット族が何世紀にもわたり守り続けてきたGesha発祥の地で、彼らと連携・共生し、世界最高峰の品質を生産することで、エチオピアの素晴らしさを更に世界 に広めたいからです。
そして、それは次の世代の礎となり、コーヒーを通じて私たちができる事と信じ続けているからです。

農園主夫妻(アダム氏(写真上)とレイチェル夫人(写真下))は現状に満足せず、これからも様々な試行錯誤を行い、更なる品質の向上と共に、地域住民の生活水準の向上を目標に日々細心の注意を払いながら、一つ一つの工程を全力で取り組んでいます。

エチオピア ゲシャ・ビレッジ農園 アダム氏ド

エチオピア ゲシャ・ビレッジ農園 レイチェル夫人

エチオピア ゲシャ・ビレッジ農園 シェワ-ジバブ区画 ウォッシュド
エチオピア ゲシャ・ビレッジ農園 シェワ-ジバブ区画 ウォッシュド
エチオピア ゲシャ・ビレッジ農園 シェワ-ジバブ区画 ウォッシュド

【GESHA VILLAGE COFFEE ESTATE】

エチオピアの西の果てに鬱蒼と茂ったベンチ・マジ (Benchi-Maji)地区のジャングル。
この息を呑む様な美しい大自然の中で、ゲシャ・ビレッジ・コーヒー農園は約471ヘクタールの敷地でコーヒーを育んでいます。

都市部から遥か遠くのこの地で、長年の夢であったコーヒー農園を2011年から開拓し、農園からほど近いゲシャ種 発祥の地であるゴリ・ゲシャの森(Gori Gesha Forest) から世界最高峰品質のゲシャ種を厳選し栽培しています。
数年に亘る努力の末、この素晴らしい周辺の自然 環境に引けを足らないコーヒー品質を誇りを持ってお届けします。
農園ではゴリ・ゲシャ種だけでなく、他の地場品種も 栽培しています。
先住民メアニット(Meanit)の人々と協力し、自然環境への配慮や雇用機会など相互理解に努めています。

ゲシャ・ビレッジ農園は栽培から精製・乾燥まで全てのプロセスに妥協せず、従業員及びお客様への敬意を 示し、エチオピア最高の品質であると同時に最も環境 に配慮した農園であり続けるよう日々努力しています。

【エチオピア】ゲシャ・ビレッジ農園 シェワ-ジバブ区画 ウォッシュド ご注文はこちら
ETHIOPIA GESHA VILLAGE SHEWA-JIBABU WASHED

250g 3490円

豆or粉

500g(250g×2BAG) 6880円

豆or粉

750g(250g×3BAG) 10370円

豆or粉

1kg(250g×4BAG) 13770円

豆or粉