【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

【グアテマラ】アンティグア レタナ農園 ブルボン 深煎り
GUATEMALA ANTIGUA RETANA BOURBON DARKROAST

GUATEMALA ANTIGUA RETANA BOURBON DARKROAST(アンティグア レタナ農園 ブルボン 深煎り)

毎年買い付けに行くという理由がアンティグアにはあります。
ここで出来上がるコーヒーは特別な美味しさがあると感じています。

【農園名】レタナ農園
【農園主】フェルナンド・コフィーニョ
【エリア】グアテマラ南部アンティグア
【プロセス】フーリーウォッシュド/伝統的な水洗方法
【品種】BOURBON 100%
【標高】1,550m
【収穫年】2017年/2018年

【 FLAVOR PROFILE 】BrownRosted,Cacao,Chocolate,CleanCup,SilkyMouthFeel,GoodBalance.

【価格】1800円〜

2018年1月、当店ロースターの末吉が産地視察にてアンティグアで見学してきた農園の1つです。

【3つの火山に囲まれて】

グアテマラ・アンティグアは3つの火山に囲まれた盆地で、火山灰質の豊かな土壌が広がり、山から吹き付ける冷涼な空気が昼夜の寒暖の差を生み出します。

最高品質のコーヒーを作る自然条件が揃ったアンティグアは、グァテマラで最初にコーヒー栽培の始まった伝統に加え、また古くから最高品質コーヒーの代名詞です。

また、コーヒーの名とともに、古都アンティグアは町全体が世界遺産となっており、中米の一大観光地です。

GUATEMALA ANTIGUA RETANA BOURBON DARKROAST(アンティグア レタナ農園 ブルボン 深煎り)
GUATEMALA ANTIGUA RETANA BOURBON DARKROAST(アンティグア レタナ農園 ブルボン 深煎り)

【修道士によって運営されていた歴史】

元来、レタナ農園はカトリックの修道士たちの手により運営されていました。
農園名はその当時の代表・レタナ神父の名前に由来しています。
その頃のレタナ農園はコーヒー栽培をしておらず、ラパデュラというグアテマラの砂糖菓子を作るためのサトウキビが栽培されていました。

その後、オーナはコーフィーニョ氏となり、彼はこのレタナ農園で当初はコーンやアボカド等様々な農作物を試験的に栽培し、最終的にコーヒー栽培へとたどり着きました。
今やレタナ農園はアンティグアコーヒー品評会入賞の常連となり、2011年にはカップオブエクセレンスにも入賞を果たすに至りました。

【ブルボン種へのこだわり】

レッドブルボンは、ほのかに残るフルーティーな味わいと黒砂糖のような甘さを特徴としたコーヒーです。
その洗練されたフレーバーはアンティグア産コーヒーの特徴を鮮やかに表現しています。
RETANA農園BOURBON種が醸し出すクラシックアンティグアのフレーバーをどうぞご賞味くださいませ。

魅了し続けるアンティグアコーヒー。
これからも注視し続けたい生産地の一つです。

GUATEMALA ANTIGUA RETANA BOURBON DARKROAST(アンティグア レタナ農園 ブルボン 深煎り)

【グアテマラ】アンティグア レタナ農園 ブルボン 深煎り ご注文はこちらから
GUATEMALA ANTIGUA RETANA BOURBON DARKROAST

250g 1800円

豆or粉

500g(250g×2BAG) 3400円

豆or粉

750g(250g×3BAG) 5000円

豆or粉

1kg(250g×4BAG) 6600円

豆or粉