【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

【エクアドル】COE 2021 11位 ヌエストラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ農園 浅煎り
ECUADOR COE#11/NUESTRA SENORA DE GUADALUPE

ECUADOR COE#11/NUESTRA SENORA DE GUADALUPE(エクアドル COE 2021 11位 ヌエストラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ農園 浅煎り)

エクアドル COE 2021 11位 ヌエストラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ農園 浅煎り

林檎や桃、杏子のような味わい、複雑に彩る果実味

【農園主】Nuestra Senora De Guadalupe
【生産エリア】ロハ県
【プロセス】Washed/ウォッシュド
【品種】カツーラ、ブルボン、ティピカ
【スコア】88.39point
【焙煎具合】浅煎り/Light Roast

【 TASTING NOTE 】Red Apple, Stone Fruit, Peach, Apricot, Blackberry, Bright and lively, Brown Sugar, Citrus Fruit, Coconut, Cola, Darjeeling, Dark Chocolate, Dried Fruit, Strawberry, Tangerine, Long After Taste, Clean Cup

【価格】2300円(100g)〜

【カテゴリ】CUP OF EXCELLENCE

【Cup Of Excellenceとは?】

中南米、アフリカ(ルワンダ、ブルンジ)を中心にその年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものを選ぶプログラムです。国内予選を勝ち抜き、国際審査員により『最高のコーヒー』として評されるわずかなコーヒーだけに『カップ・オブ・エクセレンス』の称号が授与されます。
受賞得点は86点以上から2016年に引き上げられ、より厳選されたロットのみがその称号を与えられます。
そのコーヒーは透き通る液質で、際立つ高品質なコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に含んだ質感、甘さが引き立つフレーバー、余韻の素晴らしさを兼ね備えています。

ECUADOR COE#11/NUESTRA SENORA DE GUADALUPE(エクアドル COE 2021 11位 ヌエストラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ農園 浅煎り)

【ヌエストラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ農園】

エラディオさんは農業関係の仕事で培った経験を活かそうと、2001年の7月にヌエストラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ農園を手に入れました。
農園は、ロハ県ナンバコラ、ゴンサナマ地域の標高2000m〜2200mのところにあります。
ロハ県はアンデスの高地に位置し、サモラ川とマラカトス川に囲まれた自然豊かな丘陵地です。
また、県境には広大な面積と多種多様な生態系を持つポドカルプス国立公園もあり、マイクロクライメイト( 微気候) にも恵まれています。

こうした恵まれた地域でコーヒーの栽培に取り組み、徐々に農園を成長させ、これまでに面積を6 ヘクタールにまで拡張してきました。
最近では園内3ヘクタールの土地にカツーラやティピカ、ブルボンを植え、それらの品種の収量は年間で60キロから80キロ程度になるそうです。

【エクアドル】COE 2021 11位 ヌエストラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ農園 浅煎り ご注文はこちら。
ECUADOR COE#11/NUESTRA SENORA DE GUADALUPE

100g 2300円

豆or粉

200g(100g×2BAG) 4150円

豆or粉

300g(100g×3BAG) 6072円

豆or粉

400g(100g×4BAG) 7820円

豆or粉