【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

【グアテマラ】アンティグア サン・ファン農園 ブルボン(テキシク)種 深煎り
GUATEMALA / ANTHIGUA SAN JUAN BOURBON DARKROAST

GUATEMALA / ANTHIGUA SAN JUAN BOURBON DARKROAST(グアテマラ アンティグア サン・ファン農園 ブルボン(テキシク)種 深煎り)

グアテマラ アンティグア サン・ファン農園 ブルボン(テキシク)種 深煎り

カカオやビターチョコのような甘みと香ばしさとほのかな酸味。

【農園名】サン・ファン農園
【生産者】エリザベス・エゲル / ルイス・ペドロ・セラヤ
【エリア】アンティグア
【プロセス】フリーウォッシュド
【品種】ブルボン(テキシク)100%
【標高】1,800m-1,
【焙煎具合】深煎り/DARK ROAST

【 TASTING NOTE/コーヒーの味の印象 】BitterChoco,cacao,Orange,CleanCup,SlikyMouthFeel,

【価格】1820円〜

【カテゴリ】濃厚なボディと苦みのある珈琲

【アンティグアを代表する生産者 ルイス・ペドロ氏】

グアテマラ・アンティグアは3つの火山に囲まれた盆地で、火山灰質の豊かな土壌が広がり、山から吹き付ける冷涼な空気が昼夜の寒暖の差を生み出します。
最高品質のコーヒーを作る自然条件が揃ったアンティグアは、グァテマラで最初にコーヒー栽培の始まった伝統に加え、また古くから最高品質コーヒーの代名詞です。
また、コーヒーの名とともに、古都アンティグアは町全体が世界遺産となっており、中米の一大観光地です。

このアンティグアを代表するコーヒー生産者がルイス・ペドロ・セラヤ氏です。
自身の農園だけでなく、アンティグア域内の各農園の農園管理も受託し、約20の農園を管理しています。
サンフアン農園も同様に不在の農園主に代わって農園管理を受託し、最新の農学に基づいて、マメ科のシェードツリーを一定間隔に綺麗に配置し、また収穫日ごとのマイクロロット管理によって、「アンティグア・コーヒー」のブランドを超える素晴らしいコーヒーを提供してくれます。

GUATEMALA / ANTHIGUA SAN JUAN BOURBON DARKROAST(グアテマラ アンティグア サン・ファン農園 ブルボン(テキシク)種 深煎り)

【テキシク(Tekisik)品種】

このサンフアン農園は、アンティグアを囲む山の斜面にあります。
アンティグアのコーヒー農園の多くが盆地の底、標高1500-1600mにありますが、サンフアンは少し高い場所にあり、テロアールも少し特徴的です。

テキシク品種は、エルサルバドル生まれのブルボンの選抜品種で、通常はブルボンとして栽培、販売されているようですが、面白いことにエルサルバドルではあまり評価が高くなく、ここアンティグアのセラヤ氏は、この風味を評価し、様々な農園で栽培しています。

【グアテマラ】アンティグア サン・ファン農園 ブルボン(テキシク)種 深煎り ご注文はこちらから
GUATEMALA / ANTHIGUA SAN JUAN BOURBON DARKROAST

250g 1820円

豆or粉

500g(250g×2BAG) 3276円

豆or粉

750g(250g×3BAG) 4800円

豆or粉

1kg(250g×4BAG) 6180円

豆or粉