【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

【ホンジュラス】サントス・ビクトール・メディナ ラ・ホジャ農園
HONDURAS SANTOS VICTOR MEDINA / LA JOYA

HONDURAS SANTOS VICTOR MEDINA / LA JOYA(ホンジュラス サントス・ビクトール・メディナ ラ・ホジャ農園)

ホンジュラスの名生産地ラ・パス県サンティアゴ・デ・プリングラでも特に標高が高くこれからがとても期待の高い若い生産者グループ「CHAGUITES」
標高が高いエリアからよく感じられる引き締まった甘味と複雑な味わい。
マスカットやフルーツパパイヤのような爽やかさ。

【農園名】ラ・ホジャ農園
【農園主】サントス・ビクトール・メディナ
【エリア】ラ・パス県サンティアゴ・デ・プリングラ、チャグイーテ
【品種】IHCAFE90:ホンジュラス国立コーヒー研究教育機関「IHCAFE」の開発品種
【プロセス】ウォッシュド
【標高】1,990m:ホンジュラスの中でも特に高い標高帯

【 TASTING NOTE 】Floral,fruitpapaya,Grapefruit,Pear,Muscat,WhiteWine,MalicAcidity,SilkyMouthFeel,LongAfterTaste,Wellbalance.

【価格】1500円〜

【華やかで甘さが際立つホンジュラススペシャルティ―コーヒーの可能性】

当店ロースター末吉が2019年3月に初訪問した際に現地で買い付けたホンジュラススペシャルティコーヒーの中でもその味わいに特に惚れ込んで買い付けたコーヒーが「ラ・ホヤ農園」です。

当時60サンプルの中でも特に華やかで甘さが際立ち、ホンジュラススペシャルティ―コーヒーの可能性と素晴らしい味わいに魅了されたのがこのコーヒーでした。

その生産エリアは標高1990mで元々はトルティーヤの材料となるトウモロコシを栽培しているエリアでした。
そこで若い生産者グループがIHCAFEの指導を受けながらコーヒーを生産しています。

HONDURAS SANTOS VICTOR MEDINA / LA JOYA(ホンジュラス サントス・ビクトール・メディナ ラ・ホジャ農園)
HONDURAS SANTOS VICTOR MEDINA / LA JOYA(ホンジュラス サントス・ビクトール・メディナ ラ・ホジャ農園)

【生活向上を目標に良いコーヒーを生産】

農園主のサントス・ビクトール・メディナは2017年に農地を購入し、コーヒー栽培を始めた極小規模の生産者です。
収穫には特に気を付けており、コーヒーチェリーは適切な熟成ポイントで収穫することに努めています。

収穫後、パルピングを行ったパーチメントコーヒーは24時間発酵工程を起き、ミューシレージ除去を行い乾燥工程へ移されます。
乾燥用のビニールハウスをまだ持っていないため、近隣の農家のビニールハウスを借りて、パーチメントコーヒーの乾燥を行うとのことです。
乾燥には25日間の時間をかけてゆっくりと乾燥させていきます。

良いコーヒーを生産することで、自分たちの精選所をつくり、そして生活の向上を目標に農地を広げていくとのことです。

2020年3月の現地買付ではホンジュラスまで入国、同エリアのコーヒーの買い付けまではできたものの、コロナウィルス(COVID-19)感染症の世界的流行により、日程の短縮を余儀なくされ、再度このエリアを訪れることはできませんでした。来年は必ず再訪します!

【ホンジュラス】サントス・ビクトール・メディナ ラ・ホジャ農園 ご注文はこちら。
HONDURAS SANTOS VICTOR MEDINA / LA JOYA

250g 1500円

豆or粉

500g(250g×2BAG) 2700円

豆or粉

750g(250g×3BAG) 3825円

豆or粉

1kg(250g×4BAG) 4800円

豆or粉