【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

【コロンビア】リダ・ミレナ・カマヨ/ロブラール農園
COLOMBIA LIDA MILENA CAMAYO / ROBLAR

COLOMBIA LIDA MILENA CAMAYO / ROBLAR(コロンビア リダ・ミレナ・カマヨ/ロブラール農園)

アーモンドやビターチョコのようなコク、滑らかな口当たりとバランスの良さ。

【農園名】コロンビア リダ・ミレナ・カマヨ/ロブラール農園
【生産エリア】カウカ県、トトロ郡、ラ・エステラ村
【生産者】リダ・ミレナ・カマヨ
【プロセス】ウォッシュド
【品種】カスティージョ
【標高】2,095m(コーヒー生産国でも高い水準の標高)
【収穫期】4月-7月(ワインレッドに完熟したタイミング)

【 TASTING NOTE 】Almond,BitterChoco,Sugarcane,SilkyMouthFeel,WellBalance.

【価格】1800円〜

【カウカ県のスペシャルティコーヒー】

コロンビアの南部カウカ県は、「ポパヤン」の名前で知られるコーヒー産地です。
コロンビアのアンデス中央山脈と西部山脈に挟まれたエリアですが、中心都市の古都ポパヤンは標高1760mあり、その周辺コーヒー生産地になっています。
中央山脈をはさんで東側にある有名産地ウイラがきつい勾配なのにたいして、カウカ県は緩やかな高原地帯といった地形の趣があります。

土壌は豊かな火山灰性で、夜間の冷え込みが、コーヒーチェリーの熟成を遅らせて、酸味と甘味に優れた豆が収穫されます。

カウカ県のスペシャルティコーヒー

生産者インタビュー

【生産者インタビュー】

スペシャルティコーヒーを生産し始めて学ぶことが多くあります。
特に収穫、発酵、乾燥について。お陰で、フローター(水に流れる軽いパーチメント)を外すようになり、低品質の豆を取り除けるようになった。
さらに、カッピングクオリティについて学び、買い取り価格がとても高くなった。そのお金は、肥料購入費や生活向上に使っています。

家族構成は、夫のルイスLuis(44歳)、5人の子供。ジェスリーYesli(19)、ジルメルYilmer(15)、ジミーYimy(13)、ノルリーNorly(11)、フアンJuan(6)。
子どもたちもコーヒー栽培の手伝いをします。

15年前にコーヒー生産を始めた。
その時の木の本数は1000本、すこしずつ木の本数を増やしていくと同時に栽培の知識も増えていき、コロンビアのコーヒー輸出業者バンエキスポートもよる生産トレーニングを通じて発酵方法を開発した。

コーヒーの特徴が一番明確に味として感じられる適切な熟度で収穫すること、ダブルファーメンテーションなどを取り入れて、コンプレックスな味を実現し、乾燥は32度以下で行っています。

生産者インタビュー

【コロンビア】リダ・ミレナ・カマヨ/ロブラール農園 ご注文はこちら。
COLOMBIA LIDA MILENA CAMAYO / ROBLAR

250g 1800円→250g 1530円

豆or粉

500g(250g×2BAG) 3400円

豆or粉

750g(250g×3BAG) 4980円

豆or粉

1kg(250g×4BAG) 6580円

豆or粉