【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

【エルサルバドル】カップオブエクセレンス 2018 24位受賞 ラ・カンブレ農園
EL SALVADOR COE 2018 #24【 LA CUMBRE 】

EL SALVADOR COE 2018 #24【 LA CUMBRE 】(エルサルバドル カップオブエクセレンス 2018 24位受賞 ラ・カンブレ農園)

華やかさとしっかりとした甘み。完熟果実を感じる品質の高さがCOE受賞の証。

【農園名】La Cumbre(ラ・カンブレ農園)
【エリア】TECAPA CHINAMECA USULUTAM
【標高】1500m〜1590m
【品種】 BOUROBON , PACAS
【順位・スコア】24 位・86.97点

【 TASTING NOTE 】vanilla,caramel,peach,spice,honey,plum, juicy,CreamyMouthFeel,Elegant.

【価格】3000円〜

【カップ・オブ・エクセレンス】

その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国 でコンテストが行われています。
国内予選を勝ち抜き、国際審判員により『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒー だけが称号を授与される『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』。
カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、雑味がなく、際立つ高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に 含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。

エルサルバドル カップオブエクセレンス 2018 24位受賞 ラ・カンブレ農園

エルサルバドル カップオブエクセレンス 2018 24位受賞 ラ・カンブレ農園

エルサルバドル カップオブエクセレンス 2018 24位受賞 ラ・カンブレ農園

【ラ・カンブレ農園】

エル・サルバドルは、北と西をグァテマラ、東にホンジュラスと国境を接しています。
小さな国ですが、多くの火山があり、肥沃な 火山灰性の土壌、高い山々がコーヒー栽培に適しています。

ラ・カンブレ農園はエルサルバドルの西方・ベルリンウルスラタンの町にあります。
5 へクタールの大きさで標高は約 1500m〜 1590mで、最高到達点はテカパ火山の最も高い場所に位置しております。
農園は1889年に始まり、現在の農園主であるギルベ ルト氏は4代目に当たります。
当農園は以前にも COE を受賞した経験があり、WBC2015 の大会でノルウェーのバリスタである Tim・Wendelboe氏によりそのスペシャルティとしてのポテンシャルが見出されました。

ラ・カンブレ農園の環境は火山灰土壌、年間降 雨量、日照時間、冷涼な気候といったコーヒーの育成環境としては理想的であると考えられております。
現在、農園では 5 人の正 規従業員を雇用しており、COE入賞により得た利益についてはますますの品質向上のために農園に全て再投資しています。

【エルサルバドル】カップオブエクセレンス 2018 24位受賞 ラ・カンブレ農園 ☆まとめ買いがお買い得です。
EL SALVADOR COE 2018 #24【 LA CUMBRE 】

250g 3000円

豆or粉

500g(250g×2BAG) 5800円

豆or粉

750g(250g×3BAG) 8600円

豆or粉

1kg(250g×4BAG) 11300

豆or粉