【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

BRAZIL / CACHOEIRA DA GRAMA YB PN 深煎り 1kg(250g×4BAG)

ブラジル / カショエイラ農園 イエローブルボン パルプドナチュラル 深煎り

プルーンや葡萄のようなコクと甘さ。優しい苦味。

【農 園 主】ガブリエル・カルバリーリョ・ヂアス
【エ リ ア】サンパウロ州グラマ渓谷
【 品 種 】イエローブルボン
【プロセス】パルプドナチュラル
【 標 高 】1,100m-1,250m    

【 FLAVOR PROFILE 】
Prune,Grape,SweetBitter,SilkyMouthFeel,CleanCup,SweetFinish.

カショエラ・ダ・グラマ農園はミナス・ジェライス州とサンパウロ州の州境の渓谷に位置します。
ポッソスは、火山のカルデラの内側にあり周囲は標高1400m付近までコーヒー農園があります。
カショエイラ農園周辺の渓谷地帯は優良な産地として名高く、過去にCOE優勝農園を複数輩出して
います。

Cachoeira da Gramaは、シンボルでもある滝(Cachoeira)とこの地域の名前Gramaから名付けられました。こうした渓谷地帯の傾斜のある地理条件から、農園では機械収穫が難しく、手作業での収穫がなされています。
※ブラジルは平地にある農園は機械で収穫を行うことが通例となります。

カショエラ・ダ・グラマ農園は1890年、ガブリエル氏の祖父母の代よりコーヒーの生産を開始し、4年後の1894年に初収穫を迎えたと言います。ガブリエル氏自身も、コーヒー生産の道に進み、農園開始からちょうど100年を迎えた1994年に自身として初めての収穫を迎えたそうです。

祖母の代では、ハイーニャ(Rainha)という1つの大きな農園でしたが、3世代に渡ってコーヒーの生産に従事する中で、子供たちに農園を分け与え、ハイーニャ、カショエラ、サンセバスチャン、レクレイオ、サンタアリーナなどが9家族で行われ、それぞれが高品質なコーヒーを生産し、COEをはじめとする数々のCompetitionに入賞しています。
※ハイーニャ農園、レクレイオ農園は以前当店でも販売を行ったとても素晴らしいスペシャルティコーヒーを生産する農園です。
  • 4,800円(内税)
豆or粉