【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

PERU CECOVASA Finca de Cirilo Cambi 250g

ペルー 生産者組合セコバサ シリロ・チャンビ農園

グレープフルーツやレモンのような明るさとクルミのような甘み。

【農 園 主】シリロ・チャンビ・タイペ
【エ リ ア】南部サンディア渓谷イナンバリ クルスパタ
【 品 種 】Caturra、Bourbon
【プロセス】フリーウォッシュド(水洗式)
【 標 高 】1,798m     

【 FLAVOR PROFILE 】
Grapefruit,Lemon,Walnuts,CleanCup,SilkyMouthFeel,LivelyAcidity,Wellbalance.





南部のサンディア渓谷。ここは、ボリビア国境付近、アンデス山脈を越えたアマゾン川の源流域に位置する小さなコーヒー生産エリアです。切り立った崖、険しい山と谷・森の合間に先住民のアイマラ族が静かに暮らしています。
首都リマから遠く離れ、車はおろかバイクも通れない山道の先に点在する農家。近代化から取り残されたようなサンディア渓谷は、実はペルーで最もポテンシャルの高いコーヒー産地として、注目され続けてている産地です。

さかのぼること2009年、ニューヨークで開催された世界各国のトップスペシャルティコーヒーの品評会で2位を獲得したペルーのコーヒーがありました。フローラルな香りはあのパナマのゲイシャのようで、審査員たちを驚かせました。それが、このサンディア渓谷のコーヒーだったのです。



このエリアの生産者組合CECOVASAの2013年から取り組みがスタートし、特に優秀な豆を生産する作り手だけの極小マイクロロット(単一農家ロット)が日本へ届けられるようになりました。スペシャルティコーヒー新興国、ホンジュラス、ボリビアとともにペルーも年々目を見張る品質の向上を感じられる。



【ロースターコメント】
南米のスペシャルティコーヒーの新興国として注目しているのが、ボリビアと今回販売するペルーです。ペルーでは生産者組合CECOVASAの下、スペシャルティコーヒーの生産に情熱を費やす小規模農家のマイクロロットから当店が特に高い品質と感じたコーヒーを今年は2点ご紹介いたします。まず1つ目がシロリ・チャンビ氏の農園です。クルミのようにまろやかな甘みとレモンなどの明るさのある柑橘系の風味を感じます。ぜひお試しいただきたいコーヒーです。


☆まとめ買いがお買い得です。
・PERU CECOVASA Finca de Ciliro Cambi 500g(250g×2BAG)¥3,480(in-tax)
・PERU CECOVASA Finca de Ciliro Cambi 750g(250g×3BAG)¥5,080(in-tax)
・PERU CECOVASA Finca de Ciliro Cambi 1kg(250g×4BAG)¥6,720(in-tax)
              
  • 1,840円(内税)
 豆のまま/美味しい状態が長く続き、おすすめです。粗挽き/フレンチプレス、ペーパードリップ中挽き/ペーパードリップ、コーヒーメーカー細挽き/サイフォン、エスプレッソ
250g
500g(250g×2BAG)
750g(250g×3BAG)
1kg(250g×4BAG)
豆or粉
グラム

豆or粉
グラム
 豆のまま/美味しい状態が長く続き、おすすめです。粗挽き/フレンチプレス、ペーパードリップ中挽き/ペーパードリップ、コーヒーメーカー細挽き/サイフォン、エスプレッソ
250g
500g(250g×2BAG)
750g(250g×3BAG)
1kg(250g×4BAG)