【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

GUATEMALA COE 2017 La Esperanza 250g

グアテマラ カップオブエクセレンス 2017 17位受賞ロット エスペランサ農園

グレープフルーツやリンゴなど爽やかな果実感と長く残る甘い余韻。

【 農園名 】エスペランサ農園
【 農園主 】Pedro Villatoro Castillo
【地域・市 】ラ・デモクラシア市、ウエウエテナンゴ
【 品 種 】Caturra, Bourbon
【 標 高 】1,456m-1,615m
【順位・スコア】17位、86.67point

【FLAVOR PROFILE】
GreenApple,Grapefruit,Plum,Floral,Jasmine,Lemon,
CleanCup,BrightAcidity,LongAfterTaste,WellBalance,SlkiyMouthFeel.



<カップ・オブ・エクセレンスとは>
その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審査会により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有なコーヒーとして評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与されるのが『Cup of Excellence』。  
クリーンカップで雑味がなく高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ特有の風味、口に含んだ質感、心地よいアロマと活き活きとした酸味、甘い果物を思わすフレーバーを兼ね備えています。

<エスペランサ農園について>
エスペランサ農園はウエウエテナンゴのラ・デモクラシア市、標高1456mから1615mに位置し、品種はブルボン、カ トゥーラ、マラゴジッペ、カトゥアイを植えています。1953 年にエレオドロ氏が農園を始めた際は1ヘクタールにも満たな い農園規模でしたが、この小ささは手の行き届く品質重視のコーヒーを栽培するには最適であったと言えます。現在は 50.61 ヘクタールと農園を拡大し、コーヒーと自然林、シトラスやバナナなどが植えられています。農園では、農園主の ビジャトロ氏と彼の息子、この2世代で真のウエウエテナンゴコーヒーを栽培しています。全ての生産工程で丁寧に品質 を管理し、エコロジカルなウェットミルを使用し、パティオで乾燥工程を経ています。 水資源のある二つの山の間に位置するエスペランサ農園はとても重要な自然なエリアであるとも言えます。果肉を 除去する際に使用する水も、まるでオーガニックウォーターを使用しているような恵まれた資源に囲まれています。肥えた土にユニークな微小気候、そして熱心な家族の2代目によって高品質なコーヒーが生み出されています。

☆まとめ買いがお買い得です(下記のリンクからどうぞ)
・GUATEMALA COE 2017 La Esperanza 500g(250g×2BAG)
・GUATEMALA COE 2017 La Esperanza 750g(250g×3BAG)
・GUATEMALA COE 2017 La Esperanza 1kg(250g×4BAG)
  • 3,200円(内税)
豆or粉