【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

COSTA RICA Puente Tarrazu Micromill El Sur Bourbon Natural 500g(250g×2Bag)

コスタリカ プエンテ・タラスマイクロミル エル・スル農園 ブルボン種 ナチュラルプロセス

桃のような甘みを雑味の無いクリアな味わいが引き立てます。


【 農園名 】エル・スル
【 農園主 】ロドルフォ・リベラ
【 精選場 】プエンテ・タラス ミル
【 エリア 】タラス、サンタクルス、レオンコルテス
【 品種 】Bourbon
【 標高 】1,650m
【プロセス】Natural(非水洗式)

FLAVOR PROFILE
Peach,Apricot,Floral,CleanCup,SilkyMouthFeel,SweetLongfinish.




※左から2番目の黄色いポロシャツを着た男性がエル・スル農園主のロドリフォ・リベラさんです。

2018年1月に視察へ行ったコスタリカでも標高が高く、素晴らしいコーヒーが生産されるタラスエリアの6家族で共同に運営するのが、プエンテタラスマイクロミルです。
以前からこのコーヒーの販売は行った経験があり、その品質の高さに感銘を受けました。ナチュラルというプロセスは工程の性質上、特有の風味を有するのですが、その分きれいな味わいになりにくいというのがネックでした。しかしエルスル農園では熟度の高いコーヒーチェリーを均一にそして丁寧に収穫してるというのがコーヒーの液体にした時に明確に感じられました。そのことがよりその素晴らしい風味を感じさせてくれる大きな要因にもつながります。


 
   
プエンテ・タラスでは、ティピカやブルボン、ゲイシャなど希少な品種が多く植えられているコスタリカでは希少な農園です。今回は、エルスル農園で栽培されているブルボン品種を完熟したチェリーのみ厳選し、特別にナチュラルに仕上げました。このブルボン、チェリーをかじっただけで、ミューシレージがあふれ、芳醇な甘さが波のように押し寄せます。そのポテンシャルの高さをナチュラル仕立てで、どのように深化するのか。期待あふれるロットです。


※青いシャツの男性はこのコーヒーを日本に輸出するコスタリカのエクスポーター「エクセルクルーシブコーヒー」代表のフランシスコ・メナ氏。彼もコーヒーに対する熱い情熱を持ち、見学した農園の行く先々で真っ赤に熟したコーヒーチェリーを見つけては歓喜の声を上げていました。


沖縄セラードではナチュラルという精選のコーヒーを使う時、ナチュラル特有の完熟果物のようなフレイバーに惑わされず、いかに丁寧に均一の熟度でコーヒーチェリーを収穫しているかを見極め、お客様へのご提案へ繋げます。それはナチュラルという精選のデメリットに収穫後、乾燥させた後に完熟コーヒーチェリーと未熟コーヒーチェリーの選別が困難になり、結果としてフレイバーは特化しても、雑味を感じるコーヒーになってしまうからです。今回のこのコーヒーはいかに丁寧にコーヒーチェリーが収穫されているか、その1杯のコーヒーから感じていただける味わいとなっています。
     

ここまでのコーヒーに出会えたことが本当にうれしく感じています。
ロドルフォ・リベラ氏のコーヒーに対する情熱に感謝します。
  • 3,600円(内税)
豆or粉