【沖縄セラードコーヒー】オンラインショップへようこそ

ETHIOPIA Yirgacheffe Gedeb G-1 TableTop 樹上乾燥 250g

桃やイチゴを感じさせる瑞々しく、強い甘みのあるコーヒーです。

生産国:エチオピア
エリア:イルガチェフェ ゲデブエリア
プロセス:ナチュラル(樹上乾燥)
規格:GRADE−1
品種:エチオピア原種
標高:2,000m〜

FLAVOR PROFILE
DryFruit、Strawberry、Plum、Peach、Sweetfinish、
ThicknessMouseFeel、LongAfterTaste、



アラビカコーヒーの原産国エチオピア。コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史があり、日本の茶道に似たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。
エチオピアのモプラコ社は、古くから品質にこだわり、日本との関わりも長く、新旧多くのコーヒー焙煎家たちから愛されてきた良心的なコーヒーの輸出業者です。



この独特な製法は西暦2000年頃にモプラコ社の前社長、故ヤンニ氏が編み出したもので、イエメンやエチオピアのいにしえの収穫方法を採用したものです。エチオピアで、そして恐らく世界で初めてのスペシャルティのナチュラルコーヒーです。
具体的には、コーヒーは樹上で乾燥し、適切なタイミングで収穫されます。適切なタイミングとは、乾燥し過ぎないタイミング、木から落ちる前のタイミングのことです。コーヒーの実は完熟するとやわらかくなり、風や雨で木から落ちやすくなってしまいますが、地面に落ちた実は、細菌に侵され、不良品になってしまいます。そのため、その微妙なタイミングを見計らって収穫する必要があり、とても手間がかかります。



こうした製法を取り入れるためには、農家の人と良い関係を築き、お願いをして指導をして、高い価格を支払うことで、彼らが喜んでその手間をかけるようにしないといけませんので、大変貴重なコーヒーです。
TABLE TOPは、Dry on Tree のコーヒーに付けられたモプラコ社のブランド名です。(フランスでは、「試飲会の卓上で最も良いワイン=テーブルトップ」という感じで、とても良い食べ物をテーブルトップと言うそうで、それに由来しています) 
ブラジルなどでは見かける樹上乾燥というプロセスのコーヒーです。コーヒーチェリーが一番甘くなる完熟を必ず迎え、その後適切なタイミングで収穫されていることがコーヒーの美味しさにつながっています。


☆まとめ買いがお買い得(下記のリンクよりご購入ください)
ETHIOPIA Yirgacheffe Gedeb G-1 TableTop 樹上乾燥 500g(250g×2BAG)
ETHIOPIA Yirgacheffe Gedeb G-1 TableTop 樹上乾燥 750g(250g×3BAG)
ETHIOPIA Yirgacheffe Gedeb G-1 TableTop 樹上乾燥 1kg(250g×4BAG)
  • 1,900円(内税)
豆or粉